記事の詳細

LIMAジャパンでは、担当者ベースで同じ業務を行う方にお集まりいただき、課題や事例を共有するラウンドテーブルを不定期に開催しております。

今回、LIMAジャパンにご相談が増えております「ライセンサーのためのソーシャルメディア・ガイドライン」をテーマに設定いたしました。キャラクターを使った2次創作物、コスプレや映り込みなど、自社のソーシャルメディア以外の、ユーザーが自由に発信する外部のソーシャルメディアにおける露出に対して、ライセンサーとして、どこまで許容し、拡散効果を狙うのか。またはキャラクターの価値を毀損するものとして、しかるべき措置をとるのか。またそれらの行動のための指針=ガイドラインはどうあるべきか、いくつかの事例を題材に、参加者のみなさんと一緒に考えます。

アドバイザーとして、コンテンツ・マーケティング プランナーの林 美千代氏をお招きし、前半の時間で「ソーシャルメディア・ガイドライン 」についてのミニセミナーを行い、後半は、参加者のみなさん同士で問題提起や意見交換をしていただきます。

少人数でテーブルを囲み、リラックスした雰囲気で行う予定 ですので、お気軽にご参加ください。

日時:2018年6月11日(月)15:00-17:00
14:50 入室
15:00-15:10 オープニング
15:10-15:30 自己紹介
15:30-16:10 ミニセミナー
      ・ソーシャルメディアマーケティングポリシー、ガイドラインについて
      ・写真掲載・考査基準
      ・ソーシャルメディア・ガイドラインの事例
16:10-16:50 ディスカッション
16:50-17:00 ラップアップ
17:00            終了
会場:LIMAジャパンミーティングルーム(Crosscorp青山 東京メトロ外苑前駅 徒歩2分)
参加者:ソーシャルメディアを運用担当者、マーケティング部門責任者の方 *LIMA会員限定
(ライセンサー、ライセンシングエージェント、ライセンシー)
初心者、経験者、ベテラン、これから始める方など、ご経験は問いません。またお席が限られていますので、原則1者1名様とさせていただきます。残席が出る場合は、ご連絡しますので、2名以上での参加を希望される場合はその旨お知らせください。
募集人数:8名
参加費:無料
ご用意いただくもの:スマーフォンかタブレット、PC。問題になっていること、悩み、事例
当日お渡しするもの:「ソーシャルメディア・ガイドライン」素案
メンター: 林 美千代 氏 コンテンツ・マーケティング プランナー
ファシリテーター:谷口香織 LIMAジャパン ゼネラルマネージャー

メンタープロフィール

林 美千代 コンテンツ・マーケティング 代表

約20年以上キッズ&ファミリーIPビジネスに従事。この間、㈱ソニーミュージック・エンターテインメント(現アニプレックス)を始め、ウォルト・ディズニージャパン㈱ ディズニーテレビジョン シニア・マネージャー、NBCユニバーサル マーケティング部長としてコンテンツの国内プロデュースやマーケティングを率いる。担当したIPは「セサミストリート」、「ウォレスとグルミット」、「ピングー」、「おばけのバーバパパ」、「スノーマン」、「ぞうのババール」、「ミニオンズ」、「スティッチ!」(企画プロデュース)、他多数のディズニーフランチャイズ作品など。現在はナショナル&グローバルキャラクターやアニメ作品のブランドマーケティング・コンサルティングに従事。日本大学芸術学部映画学科卒、ボンド大学院MBA

事務局からお知らせ
LIMAジャパンでは、本ラウンドテーブル終了後、今年度中に、今回の参加者の皆様の課題や、知見を反映させ、実務にそった内容のソーシャルメディアガイドガイドラインに関する、セミナーイベントを開催する予定です。

お申し込みはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

部署名役職等 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

会員確認 (必須)
  LIMA会員

ソーシャルメディア運営業務経験(必須)
  1年以下1年以上5年未満5年以上

担当プロパティ名(必須)

連絡事項等

関連記事

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る