記事の詳細

ライセンシングビジネスのためのブランディングワークショップは、6月9日開催分が、早々に満席となりましたので、6月16日に追加開催を決定しました。

ライセンスビジネスにおける、「ブランディング」に対する理解を深め、実践に落とし込んで活用できるように設計された、講義とワークを行う集中講座です。
ブランディングの戦略を立て、実行するためのステップを理解していただくことを目標とします。

前半の講義では、ライセンスビジネスに関する、ブランディングに関する必要な考え方や、ポイントなど、実践的な内容をギュッと70分。
後半のワークでは、ケーススタディの取り組みを通じて、参加者同士や講師からフィードバックを受け、実践で活用するための気づきをお持ち帰りいただきます。

ライセンスビジネスにおける「ブランディング」とは、IPをライセンスすること、すなわちIPを他社に使っていただき、収益を上げるというサイクルを回しつづけ、ブランドを守り育てることです。

「ブランド」は、従来のコーポレートやライフスタイル、ファッションやインテリアといったカテゴリ分けだけでなく、キャラクター・コンテンツ系IPも、ロングライフ化や、エヴァーグリーンIPへと育成する必要性が高まってきていることから、これらIPが「ブランド」と呼ばれることも多くなりました。

本講座では、従来型の「ブランド」、コンテンツ系IPの、どちらにも共通する内容になります。

おすすめする方

  • ライセンスビジネスや、コンテンツビジネス、ブランドビジネスの実務経験のある方
  • ブランディング入門講座を受講済の方
  • 管理職、マーケティング担当の方

日程:2021年6月16日(水)
時間:15:00-18:30 (開場 14:45)*3時間30分
受講料:ライセンシングインターナショナル会員 無料 / 一般 16,500円(税込)
主催:一般社団法人ライセンシングインターナショナルジャパン
会場:オンライン(ZOOM)

講座構成

1. 講義(70分)

  • そもそもそもそもブランディングとは?その基本的な役割
  • ブランディング事例。生活の隅々に行き渡っているブランド
  • ブランディングの組み立て方
    • ブランドの定義づけ:フィロソフィー(ブランドの約束、哲学、ビジョン)とコアバリュー(ブランドの原則、行動規範)を考える
    • 市場の推移や競合の中で、どんな地位を確立したいか?
    • 短期と中長期 ターゲットをどこか据えるか?経年でどう変えるべきか?
    • パートナーとの向き合い方:マーケティングサポート
    • 中期戦略の組み立て方
    • 最後に:ビジネス目標はフィロソフィーとコアバリューに則っているか?


2. ワーク(80分)説明含む

  • 実際のケーススタディから選択、講義で学んだ内容をベースに、「もし自分がブランディング担当なら」の目線で、ブランドの定義づけからブランドポジショニング、ターゲティング、クリエイティブの方向性から、中長期プランをグループで考えます。
  • 各自、ワークの結果を発表。それぞれ意見交換を行います。


3. 発表(30分)
4. ラップアップ(30分)

講師


林 美千代 氏
ブランドプロミスLLC 代表
約20年以上キッズ&ファミリーIPビジネスに従事。
この間、㈱ソニーミュージック・エンターテインメント(現アニプレックス)を始め、ウォルト・ディズニージャパン㈱ ディズニーテレビジョン シニア・マネージャー、NBCユニバーサル マーケティング部長としてコンテンツの国内プロデュースやマーケティングを率いる。
担当したIPは「セサミストリート」、「ウォレスとグルミット」、「ピングー」、「おばけのバーバパパ」、「スノーマン」、「ぞうのババール」、「ミニオンズ」、「スティッチ!」(企画プロデュース)、他多数のディズニーフランチャイズ作品など。

現在はナショナル&グローバルキャラクターやアニメ作品のブランドマーケティング・コンサルティングに従事。担当実績は「ウルトラマン」「ゴジラ 」、本田技研工業、スタジオ地図など。

進行

田中 香織
一般社団法人ライセンシングインターナショナルジャパン

お問合せ

一般社団法人ライセンシングインターナショナルジャパン
info@licensing.or.jp

関連記事

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る